ボルトテンショナー TSR型

HOME > ボルトテンショナー TOP > TSR 自動復帰スプリング型

ボルトテンショナーTSR型の特長

TSR自動復帰スプリング型 (油圧150MPa仕様)
型番 ボルト径
(mm | inch)
最大軸力
( kN )
外径 D
(mm)
高さ H
(mm)
最低必要
高さ(mm)
重量
(kg)
BE-TSR 1 M24 1 280 kN 87

145

175 2.7
M27 1-1/8

145

178
BE-TSR 2 M24 1 450 kN 103

145

175 4.1
M27 1-1/8 145 178
M30 1-1/4 148 184
M33 1-3/8 151 190
M36   154 196
BE-TSR 3 M33 1-1/4 660 kN 118

153

192 5.4
M36 1-3/8 156 198
M39 1-1/2 159 204
M42 1-5/8 163 211
BE-TSR 4 M39 1-1/2 1000 kN 141

168

212 8.4
M42 1-5/8 172 218
M45 1-3/4 175 225
M48 1-7/8 178 231
  2 181 231
BE-TSR 5 M52 2 1500 kN 176

190

248 13.8
M56 2-1/4 196 258
M60 2-1/2 199 262
M64 2-3/4 203 273
M68   209 283
BE-TSR 6 M72 2-3/4 2500 kN 219

220

297 23.0
M76 3 224 308
M80 3-1/4 229 312
M85 3-1/2 233 323
M90   239 334
BE-TSR 7 M90 3-1/2 3200 kN 252

246

341 32.0
M95 3-3/4 252 346
M100 4 258 356
  • TSRボルトテンショナーは自動スプリングリターン機構が内蔵のため、プーラーを毎回ゼロストロークへ戻す作業が不要。ボルトテンショナーで締め付け後に作業者は何もしなくても自動的にリセットされるので、すぐに次のボルト締め作業に入れるため、作業効率が高く【人気のお勧め機種】です。

  • プーラーの戻し忘れによる「オーバーストロークを防止」して安全に作業が行えます。

  • 最大ストロークのインジケーター付き。最大ストローク 10mm(TSR 0は最大8mm)

  • ボルトテンショナーのプーラー交換型は、1つの本体ロードセルで複数の大型ボルトサイズに対応可能で汎用性が高い。

  • プーラー、本体、ブリッジと3分割できるので軽くて持ち運びや作業性が高く人気です。

  • ボルトエンジニアのピストンシールは「自己潤滑性シール」です。結晶性の度合いが高い樹脂のため摩擦係数が極めて小さく、ほとんど磨耗しません。このような性質を自己潤滑性と言い、ボルトテンショナーの繰返しピストンとなめらかな摺動性を実現。非常に高い耐摩耗性で長寿命です。

  • 当社ボルトテンショナーは全て欧州圧力機器指令PEDに準拠し、欧州安全基準 CEマークを認証取得。

  • 【締付け施工時ワッシャ不要 】
    座金ワッシャはトルク締めをする時に、回転力に対する軸方向の引張り力がバラつかないように安定させるもので、ボルトを直接、引張って軸力管理をするボルトテンショナーにおいて「締め付け時ワッシャは不要です。」ワッシャがあることで残留軸力が低下します。ワッシャがある場合はボルトテンショナーは特注となりますので納期が掛かります。

ボルトテンショナー カタログ(自動復帰スプリングTSR型)
ボルト周り寸法記入表(PDF)
(こちらのボルト周り寸法・見積依頼書をご記入の上ご相談ください。)
ボルトテンショナーの使い方・取扱説明書(自動復帰スプリングTSR型)

TSRボルトテンショナー3分割

プーラー、ロードセル本体、ブリッジ 3分割にできます。

プーラーの交換可能

プーラーを交換して他のボルトサイズにも対応可能。

スプリングリターン型

ツインカプラとシングルカプラ仕様の選択可能。

ページ先頭へ