ボルトテンショナーの種類

ボルトテンショナーの製品写真。一体型やハイテンション型など他種類

ボルトテンショナーの種類一覧

各ボルトテンショナーの種類・特長
種類 プーラー(スリーブ)交換型 多段スリム型ハイテンション 一体型
形状 プーラー交換型 ボルトテンショナーの多段スリム型 タイフーン 一体型
特長 ・最も一般的で使いやすい。
・上下分離型。
・設置時間が短い。
・最も外径が小さくスリム
・高い締付け軸力を発揮。
・小型ボルトに最適。
・軽量。
操作性 本体を座面に置き、
プーラーを回す。
ラチェットレンチを使い
本体を着座させる。
本体全体を回転させて
ボルトに取り付ける。
設置
時間
ボルト
汎用性

多サイズにも適応

1サイズのみ

1サイズのみ
大口径
適応度

M300クラス

M160まで

本体振り回しが大変
製品
の高さ

低い

左の30%増し

継手が上部になる
外径
右の30%増し

最も外径がスリム

外径小さい
重さ
軽量、3分割できる

分割できない

分割できない
価格
安い

高い

普通
風力発電用ハイテンション型

ボルトテンショナーの風力発電用ハイテンション型。

ボルトテンショナーのカプラ上部仕様

ボルトテンショナーの一体型タイプ、上部カプラ。

スイベルカプラ

オプション:スイベルカプラのボルトテンショナー一体型

フランジの大型ボルト締め

ボルトテンショナーによるフランジ締結。M90ボルト締め

油圧テンショナーで複数ボルトを同時締め付け(並行締め)

タービンローターの複数ボルトを同時締め付け。

ガスタービン用テンショナー

ガスタービンローターの締結用ボルトテンショナー。

ページ先頭へ