ボルトテンショナー・プーラー交換型

ボルトテンショナーの写真

ボルトテンショナー

旧型ボルトテンショナー プーラー交換型(油圧150MPa仕様)
型番 ボルト径
(mm)
最小ボルト
ピッチ
(mm)
最大軸力
( kN )
外径 D
(mm)
高さ H
(mm)
最大
ストローク
(mm)
BE150T-18 M18 53 233 kN 73 102 12
BE150T-20 M20 53
BE150T-22 M22 53
BE150T-24 M24 62
BE150T-27 M27 62
BE150T-30 M27/M30 62/73 433 kN 105 131 15
BE150T-33 M33 73
BE150T-36 M36 81
BE150T-39 M39 83
BE150T-42 M39/M42 83/93 791 kN 136 147 15
BE150T-45 M45 96
BE150T-48 M48 101
BE150T-52 M52 104
BE150T-56 M52/M56 104/123 1267 kN 172 168 15
M64 129
BE150T-64
BE150T-72 M64/M72 129/150 1830 kN 200 188 15
BE150T-76 M76 154
BE150T-80 M76/M80 154/176 2502 kN 235 212 15
M90 185
BE150T-90
BE150T-95 M90/M95 185/191 2629 kN 245 227 15
M100 197
BE150T-100
  • ボルトテンショナー プーラー(スリーブ)交換型は、1つの本体ロードセルで
    複数のボルトサイズに対応可能で汎用性が高い。

  • ボルトテンショナーは連結して複数のボルトを同時に締め付けができます。

  • プーラー、本体、ブリッジと3分割できるので軽くて持ち運びや作業性が高く人気です。

  • ボルトエンジニアのピストンシールは「自己潤滑性シール」です。結晶性の度合いが高い樹脂のため摩擦係数が極めて小さく、ほとんど磨耗しません。このような性質を自己潤滑性と言い、ボルトテンショナーの繰返しピストンとなめらかな摺動性を実現。非常に高い耐摩耗性で長寿命です。

  • 当社ボルトテンショナーは全て欧州圧力機器指令PEDに準拠し、欧州安全基準 CEマークを認証取得。

  • 【締付け施工時ワッシャ不要 】
    座金ワッシャはトルク締めをする時に、回転力に対する軸方向の引張り力がバラつかないように安定させるもので、ボルトを直接、引張って軸力管理をするボルトテンショナーにおいて「締め付け時ワッシャは不要です。」ワッシャがあることで残留軸力が低下します。ワッシャがある場合はボルトテンショナーは特注となりますので納期が掛かります。

ボルトテンショナー カタログ(プーラー交換型)
ボルト周り寸法記入表(PDF)
(こちらのボルト周り寸法・見積依頼書をご記入の上ご相談ください。)
ボルトテンショナーの使い方・取扱説明書

ブリッジ(サポートスリーブ)

円形のブリッジ部(サポートスリーブ)を直線に削った加工例。

ボルトテンショナーの設計・製造

ボルトピッチが狭い場所でもブリッジをカットした設計が可能

プーラーを交換して多種類のボルトサイズに対応可能

プーラーを交換して多種類のボルトサイズに対応できます

ボルトテンショナーと高圧油圧ホース

ボルトテンショナー用の150MPa用 高圧油圧ホース

高圧油圧ハンドポンプ BE1600HP

ハンドポンプやエアポンプと接続してボルト締め付け。

トミーバーで締め付け

ボルトテンショナーの締め付け。トミーバーで回します。

ページ先頭へ